ブラックリストと個人信用情報

ブラックリストと個人信用情報について

ブラックリストとは?

キャッシングなどの金融の世界では間違いなくブラックリストというものが存在します。このブラックリスト入りしてしまうと、通常の金融業者であればまずお金を貸してくれることはありません。ほとんどの場合、残債を整理する為の借り換えローンを除いてはブラックリスト入りしている人は、新たな借入はできないのです。

 

何故ブラックリストに入っていると分かるの?

ところで、お金を借りに来た人がブラックリスト入りしているかどうかをどうやって調べているのでしょうか。実は、こうした金融業者には共通した情報網があり、それによってその人にお金を貸せるかどうか判断しているのです。この情報のことを、個人信用情報と言い、金融業者の団体が出資して作った、シー・アイ・シー(CIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 Credit Information Center)という機関が一括して管理しています。このシー・アイ・シーに問い合わせれば、どの金融業者も個人信用情報を見ることが出来るだけでなく、個人でも有料ですが自分自身の情報を確認することができます。

 

個人信用情報にはどの様な情報が記載されているの?

個人信用情報には、その人の名前、居住地、職業といった基本情報の他に、過去から今現在に至るまでの抱えていた負債の額と件数が載っています。件数については、実際にお金を借りたかどうかは別にして、申し込んだ件数もカウントされています。ですから、この個人情報を見れば、その人がどのくらいの収入に対してどのくらいの借金をしたか、あるいはしようとしたかがすぐに分かってしまうようになっているのです。

 

自身の収入に対して十分に返済可能な借金の状況であれば特に問題もないのですが、まずいのは、収入に対して借金の額や件数が多すぎるという場合です。特に、手当たりしだいに借金を申込んでおけば、どこかの審査は受かるだろうという考えは大変危険です。実際に必要だった金額は抜きにして、単純に件数分の借金をしようとしたと見做されてしまうため、こうした履歴があるとブラックリスト化してしまい、返って借金がしにくくなってしまうのです。

 

お金を借り入れる前に、今後の事をしっかり再確認しましょう。借りない事がベストなのは間違いありません。本当に困った時だけ業者を利用するように心掛けましょう。 

アコムの詳細情報』はこちら


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報