ショッピング枠の現金化

ショッピング枠の現金化について

カードの中でも、クレジットカードには、直接現金を貸し出してくれるキャッシング枠と、現金を貸してくれるわけではないのですが、買い物の時に代金を立て替える形で貸し付けをしてくれるショッピング枠がついているものがあります。このうち、キャッシング枠での現金の引き出しは、法律的にもカード会社の規約的にも問題はないのですが、ショッピング枠の方でその分を現金化することはリスクが高いのでお世辞にもお勧めできるものではありません。

 

確かに、仮にショッピング枠を現金化しても何かの法律に触れるということはまずありませんが、ほぼ全てのカード会社の規約、約款では禁止されている行為ですので、ショッピング枠を現金化したことで、何らかの被害を被ったとしても、カード会社の方からは何の補償も補填も無い事を覚悟しておく必要があります。

よくある現金化の手口

よくある現金化の手口としては、特定のサイトでクレジットカードで品物を購入させ、そのうちの代金の何割かをキャッシュバックするという方法があります。また、同じように特定サイトで購入したものを買い取ってその代金を返送するという、ちょっと手間をかけたものもありますが、どちらにせよ、この方法には大きな危険があります。

 

例えば、購入した品物にほとんど価値がないような場合はどうでしょうか。キャッシュバックがあるにせよ、相応の値段の物を買うのですから、場合によっては詐欺スレスレの商品を買う羽目になる事もあります。

 

たとえ品物が少々悪くても、キャッシュバックや買い取りを誠実に行ってくれればまだ良いのですが、そこの部分でお金を巻き上げられる心配もあります。これも例ですが、10万円のお金が必要で、キャッシュバックによる現金化を行ってしまったのに、手数料などのいろいろな名目のお金を取られて、結局手元に回ってきたのはわずか数万円という事だってありうるのです。それに、先の粗悪な品物の例が重なると、現金が用意できないだけでなく、単純に質の悪い品物を買わされただけ、という結果しか残らないのです。

 

アコムの詳細情報』はこちら


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報