名義貸し契約

名義貸し契約について

名義貸し契約とは?

自分自身はカードを作れない理由がある、あるいは作ろうとしたけれど審査が通らなかったので、代わりにあなたの名義をカードを作るために貸して欲しい、と言われたら、あなたはどうしますか。それがもし、よく見知っている人で、相手がどんな人物であるか分かっていても、その話には乗らないほうが賢明です。なぜなら、それは名義貸しによる契約となり、法律違反ではないものの、大抵のカード会社や金融業者では規約違反行為としているものだからです。

名義貸し契約の例

また、別の名義貸し契約の例として、アルバイト契約に見せかけたものがあります。街なかや、ウェブ上などで「カード会社の実態調査をしている」、「カード会社のサービスの比較をしている」などと言い、実際にカード会社などと契約をさせてその謝礼を支払うというものです。謝礼がもらえるならいいじゃないか、と思わないで下さい。その後に言葉巧みにカードを渡すように言われて渡してしまうと、契約した本人に気づかない所でカードを使用されて負債を背負わされてしまうのです。最悪謝礼といって支払われたそのお金は、カードを使って引き出されたものだったという事さえあり得ます。

 

このように名義貸しをしてのカード作成は非常にトラブルのもととなりやすい事です。通常のカードを扱う会社であれば、約款の中に、他人が使用する目的での契約や、カードを他人に譲渡または貸与することを禁止する旨が書かれているはずです。それというのも、万が一こうした名義貸し行為や、カードの貸与によって勝手にお金を借りられた、という状況が発生したとしても、カードを発行した会社側に責任がないどころか、契約した本人が行ったこととして処理されてしまいます。したがって、どんなに損失や過失を訴えたとしても、カード会社側からの補償や補填はないのが通常です。

 

 

こうした責任の分担や、禁止行為などはきちんと約款の中に含まれていますから、字が細かいだとか、文字の量が多いからだとかで敬遠せずに、しっかりと読み込んでおく必要があります。
 

アコムの詳細情報』はこちら

 

 


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報