金利と最大利用限度額

金利と最大利用限度額について

アコムに限らず、こうしたカードローンの利用条件の中で、金利は18パーセントから4.7パーセントといったように幅を持たせて表示されています。これは文字通り最大で年利18パーセント、最も低くなっても4.7パーセントの金利が掛かるということですが、この差はどこで生まれるのでしょうか。

 

もうひとつ、金利と同じく変動するものがあります。それは、利用限度額です。アコムの場合は、最大利用限度額は500万円までということになっていますが、これも最初からいきなり500万円借りることができるというものではなく、それよりもっと低い額で幾らまでと決めて契約する形になっています。こうした金利や限度額を決めるのは、一体何なのかお分かりになるでしょうか。

どうやって金利と限度額を決定しているのか?

実は、先の項で出た個人信用情報が元になっているのです。その人の職業がわかれば、大体の年収の見当がつきますし、またその年収の信頼度、つまり安定して収入があるのか、それともあまり平均値が信用出来ない業種なのかが分かります。同時に、負債の額と件数も載っていますので、新たに借りる借金に対して、どれだけ集中して対応できるかも分かるのです。こうしたお金に関するその人の情報を「信用」と言っています。

 

個人信用情報の内容を見て分かる通り、信用は一面的なものではなく、総合的な尺度で推し量られるものですから、一方で不利な条件が揃っていても、もう一方で有利な条件があれば十分に相殺できるものです。もちろん中にはフォローしようのない部分もありますが、実際に裁定を下すのは、利用しようとする金融業者ですので、個人情報のどこにどの程度の裁量をもって信用を推し量るのかはそれぞれに基準が異なります。

 

話が少しずれましたが、金利を決めるのも、そして借りられるお金の限度額を決めるのも、こうした利用者の方の信用次第という点があります。ですから、基本的に初回の利用の場合、その金融業者との信用の形成はゼロですから、最低ラインの条件での契約になります。その後、取引を繰り返して、信用を形成すると、徐々に有利な条件での契約が可能になります。個人信用情報の時点で信用がある人の場合、その有利な条件に変わるスピードが違うと思っていただいたらよいでしょう。

 

金利と最大限度額はしっかりと把握しておきましょう。

アコムの詳細情報』はこちら

 


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報