スキミングとフィッシング

スキミングとフィッシングについて

実際にカードを持ってからも注意しなければならないことはあります。特にカードを使う上で気をつけなければならないのは、スキミングとフィッシングの被害に会わないようにする様にする事が必要です。

 

スキミングとは?

スキミングとは、カードに付いている磁気データを不正な手段で盗みとり悪用する手口です。通常カードの裏側には、黒くて細い帯状の部分があると思いますが、その部分には磁気でカードやその持ち主の情報が記録されています。

 

この部分からデータを読み込むことで、キャッシングやショッピングにカードを利用できるわけですが、それを利用して不正なカードのコピーを作り、あたかも本人のカードのように利用するのです。スキミングされるのは、例えば入浴施設やゴルフ場などのロッカー保管場所などに財布等を置いている時、つまり、カードから目を離している時です。本人の目の届かないところにおいているカードを、スキミング専用の機械で読み取ってコピーするので、実際に偽造カードが使われて請求が来るまで被害に気づけないのが実態です。

フィッシングとは?

フィッシングとは、カード会社を装ったメールや、ショッピングサイトに偽装したサイトなどでクレジットカードの番号を入力するように仕向けて、カード番号を盗むという手口です。多くのフィッシングの場合、確認用と称して名前はもちろんのこと、生年月日や勤務先などの個人情報も合わせて入力させられることがありますので、ネット上でのあなたの機密が丸裸にされてしまうという大きな危険があります。クレジットカード番号に合わせて個人情報を盗まれてしまえば、ネットで本人になりすまして買い物をすることも容易ですし、いろいろなサイトに登録したIDやパスワードも推測しやすくなってしまうので、お金以外の被害も受けてしまうことが考えられます。

 

こうした被害に合わないようにする為にも不用意にカードを置いたまま放置しないようにする、怪しいメールには返信しない、セキュリティの怪しいサイトは利用しない、といった自己防衛が必要になります。

 

アコムの詳細情報』はこちら


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報