総量規制について

総量規制とは

キャッシングをする上で知っておいたほうが良いことは幾つかありますが、なかでも総量規制は法律にも関わる上に、借金をする上で大きな制限となる事柄ですので、ぜひとも分かっておきたい部分です。
仮にあなたに十分な年収があったとしましょう。それでやむを得ない事情があって、相当に大きな金額のローンを利用しなくてはいけなくなった時に、場合によってはどの金融業者もお金を貸してくれなくなるという状況が発生する場合があります。そういった状況を生む原因のひとつとなりうるのが、総量規制です。

総量規制とは?

総量規制の正体とは、貸金業法という法律の中で定められた制限で、「無担保で」貸し付けることのできる金額の総額は、お金を借りる人の年収の三分の一を超えてはいけないというものです。また、この他に金融業者一社で50万円以上を借りる場合、あるいは、複数社合わせて100万円以上借りる場合には、必ず源泉徴収票などの収入の根拠となる書類を提出してもらうこと、という制限もあります。

 

これを先ほどの例に当てはめてみると、600万円という十分な年収があったとしても、無担保では借りられる金額の上限は200万円までということになります。もしそれ以上の金額を借りたいと思ったら、カードローンのような無担保で借りれるようなローンでは無理で、担保が必要な別のローン商品を利用するしかありません。

 

ここで注意して頂きたいのは、この総量規制を守る必要のあるのはあくまでお金を貸す側ということです。万が一手違いなどで総量規制以上のお金を無担保で借りてしまっても、借りてしまった側には特になんの罰則もなく、そのまま借金として加算されるだけです。一方で、お金を貸した方には刑事罰か罰金が待っていますから、きちんと事業登録しているような業者であればお金を貸すことはありません。逆を言えば、総量規制などお構いなしで無制限の無担保貸し出しをするような業者は、相当に悪質な業者かヤミ金融業者ですから、絶対に利用しないように気をつけましょう。

素早く借入をするならアコムがオススメです!

アコムの詳細情報』はこちら


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報