アコムの返済期日

アコムの返済期日の設定について

アコムでは期日前返済も可能ですが、その前に返済の期日を決めなくてはいけません。その期日の決め方には全部で3通りあります。
まず、口座振替での返済の場合ですが、これは返済日が毎月6日に固定となっています。返済金額などは、前月の20日が締め日となり、そこで金額が決定します。

 

口座振替での返済でなければ、35日ごとの返済か、毎月指定日での返済かを選択可能

35日ごとの返済を選んだ場合

35日ごとの返済を選んだ場合、返済をした日を基準に35日後までが返済期限になります。初回の返済日についてのみ、借入をした日から数えて35日後となりますが、それ以降で追加借入をしても返済期限が延びることはありません。あくまで前回の返済日から35日後がそのまま期限となります。

毎月指定日を選んだ場合

毎月指定日を選んだ場合は、実際に返済した日に関係なく、毎月その指定日が返済期限になります。こちらを選んだとき、期限前返済をする場合にちょっと気をつけなければいけない事があります。それは、返済期限の2週間(15日)以上前に返済をしてしまうと、前回の返済分としてカウントされてしまうという点です。そのまま放って置くと、ちゃんと支払いをしたのにその月の分は支払われていないという事になってしまうので、前の支払日から16日以上経ってから改めて支払い直す必要があります。

 

なお、返済、つまりお金の支払自体はネットを利用すればいつでも可能ですが、実際に返済が行われたかどうかチェックする必要がありますので、返済日は必ずアコムの営業日になるように調整されます。具体的には、土日祝日はアコムの営業はお休みですので、返済日がその日に当たる場合、翌営業日が返済日に繰り下げられます。

支払いをせずに返済日が過ぎてしまった場合は?

万が一支払いをせずに返済日が過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか。まずは、メールで支払日が過ぎてしまっていることをお知らせするサービスがあります。また、事前に登録された連絡先へ電話でも連絡が行くようになっていますが、もし先に気がついた場合は、アコムのフリーコールへ連絡を入れておけば、アコムから電話が行く事なく遅れた場合の手続きが進められます。

 


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報