アコムの利息計算方法

アコムの利息の計算方法

アコムをご使用する上で利息の計算方法は知っておいて損はしません。

利息の計算方法

元本に金利をかけて365日(うるう年は366日)で割り、ご利用日数ぶんをかけたものが実際の金利になります。この時、借入当日はご利用日数に含まず、1円未満の部分は切り捨てます。例をあげて計算してみましょう。

金利18%で、10万円を借りて指定日返済をした場合の計算方法
10万円×0.18÷365日×30日=1479円

となります。つまり、毎月最低1479円より多く支払えば、利息の支払いをしつつ、元本も減らせることになります。ただし、実際は、元本が減れば利息の計算も変わってきますから、元本が減るのに合わせて支払うべき利息も減っていきます。
仮に元本が減った状態での計算をしてみましょう。

先程の例で1479円より多く支払いつづけて、元本が9万円になったとしたら、支払うべき利息は
9万円×0.18÷365日×30日で=1331円 と利息は変化してきます。

この様に、残りの元本の大きさ、つまり借入残高によって返済すべき金額が細かく変わるので、実際の返すべき金額の計算はなかなかに面倒なものになっています。でも>公式サイトのご返済シミュレーションや、返済早見表をご覧になれば分かると思いますが、ご返済期間やご返済回数によってご返済金額が割りとかっちりと決まっているように見えます。それは、残高スライドリボルビング方式という返済方式を採用しているからなのです。

リボルビング方式とは?

まず、リボルビング払いというものについて説明すると、これは借入金額が幾らであろうが、必ず定額の支払いをして、その金額を利息と元本の支払いに振り分けるという方法です。当然ながら、定額の支払いには利息以上の支払いをする事が条件になります。また、この方法は基本的に利息の支払いの方が優先されますので、元本の減りが緩やかになります。
このリボルビング払いに、借入高の残高によって支払うべき金額を決めているのが残高スライドリボルビング方式という訳です。最初の例ですと、10万円を借りた際の最低支払い金額は1479円ですが、1年で返したいという条件で一定の割合をかけてあげると、返済金額は月々10000円となる、といった具合です。

 

 


 
トップページ キャッシング注意点 キャッシング基礎知識 アコム利用者の体験談 アコム会社情報